お惣菜屋 TAYORI がオープン

【おでかけ情報】 子連れで入れる店

2017年6月29日(木)にオープン予定の「TAYORI」。

プレオープンイベントのご案内をいただき、伺ってきました。

IMG_2844s

谷中銀座のメインストリートから一本路地に入ったところにある一軒家。

こちらは谷中HAGISOに入るHAGI cafeの姉妹店ですが、お店のメインは「お惣菜」販売です。店内では定食も食べられます。(惣菜はテイクアウトのみ)

 

IMG_2761s

IMG_2767s

 

もともとHAGI cafeのモーニングで地方の食材にフューチャーした定食を提供しており、せっかくつながりができた地方の生産者さんの食材を使った、身体にやさしい惣菜を出したいという思いもあり、惣菜のお店としてオープンすることになりました。

IMG_2777s

IMG_2780s

お惣菜はテイクアウトのみです。

 

また、定食はメインを2種類から選び、そこに副菜がつく感じです。

IMG_2819s

IMG_2822s

 

 

一般的なランチとは違って、営業時間の11時半~20時の間、「いつきても定食が食べれられる」のが特徴です。

お店をやっていたりするとランチタイムが過ぎてしまうということはありますよね。そんな人にも嬉しい設定です。

写真はありませんが、日替わりでお弁当もあります。

 

焼き菓子も販売しています。

クッキー、マフィン、スコーン、ビスコッティ、シフォンケーキなど。お土産にもよさそうです。

IMG_2765s

dav

 

コーヒーはオリジナルブレンド。

IMG_2776s

 

そして、小さな子どもがいても気兼ねなくゆっくりできるようにと、小上りの個室が用意されています。

HAGISOもそうなのですが、オープン当時から、お店の店長始めスタッフの方たちの、子どもや子連れへのまなざしが優しいのです。

 

IMG_2769s

IMG_2768s

IMG_2799s

 

トイレには簡単なものですが、おむつ替え用のシートも。

dav

 

店内では調味料やジャムなどの販売も行っていますが、中でもうれしいのが、離乳食の販売。

5ヶ月、7か月、9ヶ月の離乳食がありました。

dav

dav

 

店名にもなっているTAYORI-便り ですが、

店内入口に置かれた郵便ポストをチェックしてください。

生産者に直接届く「お便り」を書いて投函するコーナーがあります。

「そもそも、お客様と生産者の間にあるのが飲食店。両者がつながる仕組みを作りたい。」と店長さん。一方的な押し付けのコミュニケ―ションではなく、手紙のように温かみのある相互のつながりを作り、見せていきたいという思いがあるようです。

また、生産者さんにとっても、お客さんの声が届くことがモチベーションになるそうです。

IMG_2794s

 

文房具は蔵前のカキモリのものです。

 

以下はプレオープンの様子です。

davdavdavdavdavdavdavdavIMG_20170618_191538s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、TAYORIはHATSUNEAN(はつねあん)という建物に入っています。同じ建物にはジュエリー作家、長南さんのアトリエショップ『穀雨』が入っています。こちらも素敵ですので、ぜひのぞいてみてくださいね。

IMG_2748sIMG_2750sIMG_2752sIMG_2823sIMG_2826sIMG_2828sIMG_2831sIMG_2833sIMG_2835s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

谷中銀座も観光の人がとても多いのですが、お店としては、地元の人に使ってもらえる、愛されるお店にしたいということで、大手メディアの取材には慎重な姿勢であるようです。場所も細い路地の住宅街ですから、あまりに行列ができるようだと逆に困ってしまうのかもしれませんね。

自転車置き場は狭いので、できれば歩いて訪れた方がよさそうです。お店には段差もあるので、ベビーカーはお気をつけください。

食事やお惣菜は手が込んでいて美味しいので、ぜひ一度寄ってみてはいかがでしょうか。

 

===

TAYORI

東京都 台東区谷中3-12-4

http://tayori-osozai.jp/

11:30~20:00

火水定休

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>