ノロウィルスにご注意を

【病気・医療】 地域の子育て情報 子どもがかかりやすい病気について

今日の育児相談会では、保健所から食中毒やノロウィルスについての注意喚起がありました。

ノロは結構かかりやすいんですよね。私の周囲でもよく聞きます。

食中毒もこれからの季節気をつけたいところ。

けっして飲み残しのミルクをもったいないからといっていつまでもとっておいてはいけない、いけない・・・

生まれた当初はすごく気を使って、30分もしたらミルクは捨てていたのに。

哺乳瓶も毎回消毒していたのに。

おっぱいもあげる前は洗浄綿でいちいち乳首をふいていたのに。

いつの間にか、ねぇ・・・

図太くなるもんです。

でも、ほんとにこれからの季節は湿度も高いし暑くなってくるしで

食品衛生には気を付けたほうがいいです。

さて。

今日いただいた資料から、ちょっと抜粋して、「ノロウィルス」と「カンピロバスター食中毒」の注意点を残しておきます。

●ノロウィルス

感染性胃腸炎の原因となるウィルス。

感染力が強く、集団生活の場でもらいやすい。

(症状)

感染から1~2日で症状があらわれる。

おう吐、吐き気、下痢、腹痛、発熱

→たいてい1~3日で治まるが、ひどいと脱水症状になり、入院や点滴などの処置が必要になることも。

水分を十分に摂ること。吐いてしまう場合は、吐き気がおさまってから、

白湯や麦茶、りんご果汁などを少量ずつ摂ること。

(予防方法)

なんといっても「手洗い」。

便や吐物の処理後はなおのこと。

●カンピロバスター食中毒

細菌による食中毒で、生や生に近い鶏肉を食べることにより発生することがほとんど。

(症状)

食べてから2~7日で発症。

下痢、腹痛、発熱、頭痛、悪寒、筋肉痛など

(予防方法)

生や生に近い食肉は避ける。

調理器具や手指の洗浄消毒を徹底する。

ピロリとか、O157とか、そういえばありましたよね・・・。

特に離乳食や、保育園や幼稚園が始まった子は気を付けたいものです。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>