「子ども子育て支援新制度」の台東区での勉強会のご案内(8月30日・土曜@生涯学習センター)

【保育園・幼稚園】 【台東区の行政サービス】 地域のイベント・お祭り

来年度(H27年度)から、「子ども子育て支援新制度」が全国で始まります。

詳しくはこちら

これは何かというと、消費税増税した分から予算を持ってきて子育て支援に使いましょうということで、国が「子ども子育て関連3法」という3つの法律を定めたのに基づき、各自治体(市町村区)で保育園やこども園を増やすなど待機児童解消のための対応策を取ることを求めたものです。国から出された指針に基づき、それを自治体で「これはうちにはいらない」「これは必要」「これはもっとこういう基準でいいかも」などと議論し、それぞれ条例化していきます。

待機児童解消ということで、保育園以外の保護者には関係ないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、実は幼稚園ママにも関係のあることなのです。

子育て中の保護者にとってのポイントは以下。

●保育園が増える?・・・国から予算が付くので待機児童の多い自治体は保育園やこども園、小規模保育を作れるよう頑張れる。ただし、予算はあっても用地や保育士の確保、運営主体を誘致できるかなど課題は多い。

●幼稚園がこども園に移行する?・・・幼稚園がこども園に移行してくれれば、これまで働きたくても諦めていた保護者も働けるし、柔軟な働き方ができる保護者は保育園でなくてもいい人もいる、ということで、そもそもこの制度の肝はこの「幼稚園からこども園への移行」なのだと思います。しかし現在の制度では、こども園に移行することでの予算的メリットが少ない(中には減額が予想されるところも)らしく、幼稚園によっては躊躇する状況なようです。

●地域の実情に応じた子ども・子育て支援(利用者支援、地域子育て支援拠点、放課後児童クラブなどの「地域子ども・子育て支援事業」)の充実・・・幼稚園や保育園を利用しない家庭、在宅の子育て家庭も含む、すべての家庭及び子どもを対象とする事業です。これは自治体が地域の実情に応じて実施しますので、内容は自治体によって大きく異なってくると思います。学童も含まれますね。

●幼稚園の保育料が変わる?・・・これまでの一律負担ではなく、所得に応じた保育料に変わります。

●認証保育園は何か変わるの?・・・認証保育園は都の制度なので大きく変わることはない、とありますが、実際のところまったく影響を受けないかというと未知数です。

350-240b

前置きが長くなりましたが、現在、台東区でも、国から降りてきた制度を、台東区としてどう基準化するか、がんばって議論しています。これが正式に決まるまではもう少し時間がかかります。ただ、来年4月入園を考えている保護者からしたら、一体何が変わるのか、申込み時期や入所基準の点数が変わるのかなど、気になる点はたくさんあると思います。

そこで今回、台東区議の本目さよさんが、現在わかる範囲で、台東区の新制度について勉強する機会を設けてくださいました。

●日時:8月31日(日)10時~12時

●場所:生涯学習センター 403・404

詳しくは→ http://ameblo.jp/hommeisayo/entry-11909810033.html

申込みはこちら

ベビマムは政治的に中立の立場を取りますので特定の政党による活動はしませんが、本目さんは新制度について区役所とのやり取りをしてくださったり、勉強を重ねていらっしゃいます。今後は議会で条例化していくことになりますので、そのスケジュールなども聞けると思います。

気になる方はぜひぜひご参加いただければと思います。

ちなみに台東区の新制度の説明ページはこちらです→https://www.city.taito.lg.jp/index/kurashi/kosodate/kosodatesien/sienshinseido.html

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>