専門家に聞く 夜泣きへの処方箋~いまこそパパの出番です!~11月29日、12月6日@生涯学習センター

地域のイベント・お祭り

魅力的なおふたりの講師をお迎えしての連続講座を開催します!

【専門家に聞く 夜泣きへの処方箋~いまこそパパの出番です!~】

赤ちゃんがどうして泣いているのかわからなくて困ってしまうことはありませんか? 赤ちゃんの「泣き」や育児でイライラしてしまう時の心構えなどをふたりの専門家に教えていただきます。ママだけでなくパパも実践できるアイデアや、子育てに関わることの効果などもお聞きします。

★★第1回目★★

11月29日(土)10時~12時

講師 清水悦子さん(赤ちゃんの眠り研究所代表 夜泣き専門保育士)

乳幼児の発達に伴う睡眠問題、とりわけ「夜泣き」について、そのメカニズムや対処方法を教えていただきます。

(清水悦子さんプロフィール)東京都立保健科学大学(現・首都大学東京)卒業後、理学療法士として都内の病院などに勤務、出産を機に退職。長女の夜泣きで育児ノイローゼ状態になり、夜泣きを睡眠障害の一種と考え勉強を始める。生活リズムを主体とした夜泣き改善方法により短期間で改善されたことから、夜泣きで悩む保護者に伝えるべく、保育士の資格を取得し、夜泣き専門保育士としてブログなどで情報を発信。現在は東京大学大学院教育研究博士課程にて乳児の睡眠研究を進めている。著書『赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド』(かんき出版)。一児の母。

 

★★第2回目★★

12月6日(土)10時~12時

講師 藤原武男さん(国立成育医療研究センター 社会医学研究部部長)

「揺さぶられ症候群」の研究を通して、赤ちゃんの泣き行動を理解するための考え方や、イライラしてしまう時に親はどのような態度を取ればいいのかなどをうかがいます。

(藤原武男さんプロフィール)東京医科歯科大学医学部卒業、同大学大学院にて医学博士号取得後、国立成育医療センターこころの診療部で児童虐待の研究に携わる。ハーバード大学公衆衛生大学院にて公衆衛生学修士号を取得後、カナダのブリティッシュ・コロンビア大学小児科へ留学、虐待の一つである乳幼児揺さぶられ症候群の予防研究に従事。現在(独)国立成育医療研究センター社会医学研究部部長。乳幼児揺さぶられ症候群予防のための DVD「赤ちゃんが泣きやまない〜泣きへの対処と理解のために〜」(厚生労働省制作)を監修。父親の育児関与と幼児の事故、家庭の地域活動と子どもの行動、母親の虐待の世代間連鎖など、子どもや親子に関する調査・研究を多数行っている。三児の父。

●先着:30名(申込み先着順)
●対象:乳幼児の保護者の他、どなたでも
●場所:台東区立男女平等推進プラザ「はばたき21」(台東区生涯学習センター4階)

◎申込方法 10月23日(木)受付開始!
①氏名 ②電話番号 ③託児希望の方は子どもの氏名・年齢を電話または直接下記へ
※託児(1歳以上の未就学児/人数制限あり)の申込みは11月22日(土)締め切り
申込先:台東区男女平等推進プラザ「はばたき21」
電 話:03-5246-5816 休館日以外の午前9時~午後5時
休館日:第1・第3・第5月曜日(祝・祭日の場合は翌日)年末年始(12月28日~1月4日)

夜泣き講座表

夜泣き講座裏

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>